« マフラー | Main | アダム・クーパー »

February 16, 2005

さよなら Turbo 3.6

IMGP2804
一昨年の年末から預かっていたポルシェ964ターボ3.6が今晩親元に帰って行きました。
1年ちょっとで1,000km足らずの付き合いでしたが、古き(?)良きポルシェ臭いポルシェだったのではないかと思います。

明らかにドッカンと表現されるシングルターボで過給されるエンジンをリアに積み、リアだけを駆動するという理想的とはいえない設計ですが、それ故に乗り味は特別でした。
ちょっと飛ばすと、気を抜けない瞬間の連続で、まさしくスポーツドライビングを味あわせてもらえました。
この味が好きな人にとっては、たまらないものなのでしょう。

外見もなかなかのマッチョ振りで、カレラなどとは雰囲気が異なっていました。
数年前に964のカレラ2をこれまた借りて乗っていましたが、私にはカレラ2の乗り味の方が好みに合っていたような気がします。
過給機が好きとか嫌いと言った話ではなく、やはり別物の車として扱わなければならないほど、志向が異なっていました。

|

« マフラー | Main | アダム・クーパー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さよなら Turbo 3.6:

« マフラー | Main | アダム・クーパー »