« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

January 20, 2006

英・独・仏の個性

幸運にも現在は、英国車、独車、仏車と乗り分ける機会があるのですが、乗っていて車の個性はあるものの、やはり国民性というかお国柄が車にも表れているように感じます。

この時期、厚手の上着を着ることが多いのですが、着る服を選ばず、どんな服装でもしっくり来るのがシトロエンC2。
夏場にTシャツ1枚で乗り込んでも、コートを着込んで乗り込んでも、シートやハンドルの位置はそのままに何故かしっくり身体がはまってしまいます。
アストンマーティン、レンジローバーは服装が違ってもそれなりに居心地はいいのですが、普段とは違った感覚になり、車に合わせた服を何故か自然に選んでしまいます。例えば、車に合わせているつもりはないのに、上着を一枚脱いでいたり.....
アウディS4は、上着を変えただけでお尻が落ち着かないというか、普段とは異なる居心地の悪さを感じてしまいます。

ハンドルを握る位置に関しても同じようなことを感じます。
シトロエンはハンドルの何処を握っても違和感がないのに対して、アウディは”ここを握りなさい!”といわんばかりにハンドルの9時15分の位置がくぼんでいて、そこ以外を握っているとハンドルが細く感じ、ステアリングのインフォメーションも希薄になります。
アストンマーティンやレンジローバーは握る位置を選んだりはしませんが、自然と誘導されていつも同じような位置を握っています。

私のイメージするお国柄が如実に表れているような気がしてしまいました。
フランスはやはりラテンの国。百人百様的な感覚です。
イギリスは紳士と伝統の国。TPOを自然とわきまえさせられます。
ドイツは厳格で規律正しい国。運転の姿勢もこれしかない!というポジションを持っています。

今までの、車を振り返ってみても、プジョー505はやはりシトロエンに似ていたし、ポルシェはアウディにそっくりな感覚でした。
不思議なことに、レンジローバーを運転していると、プジョー505がとても懐かしく思い出されます。
ただ、レンジローバーがシトロエンに似ているかというと決してそんなことはなく、面白い感覚です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2006

AstonMartin Rapide

AM_RAPIDE_17_LR
AM_RAPIDE_29_LR
large

'06 Detroitショーの出品モデルですが、なんだかいつ市販されても不思議ではないほどの完成度です。
このところのアストンマーティンラゴンダ社は本当に勢いがありますねぇ~

007の次回作”CASINO ROYALE”でも、ボンドカーはアストンマーティンに決まったようです。
AstonMartin DBSという車が登場するとのことで、ストーリーや映画の出来以上に気になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

C6内装

img_1769_
img_1771_
img_1778_


名古屋輸入車ショーのシトロエンブースにて、C6に触れることができました。

作り込みもよく、クオリティーの高そうな仕上がりでしたが、デザインにもうひとつ”らしさ”が欲しいかったところです。
C4であれだけの世界を見せてくれたのに、少し残念ですが、ショーファードリブンの性格が濃そうな車ですので、あまり冒険が出来なかったのかもしれません。
流石に、リアシートの居住性はかなりのものでしたし、リアのウィンドウがあれだけの弯曲を描いているので、ルームミラーからの視界が歪んで見えるかと少し期待(?)していたのですが、全く違和感の無い後方視界でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RangeRover Vogue

IMG_1726
IMG_1735
IMG_1730


ふとしたきっかけで、超エンスーな友人の元より我が家へやってきました。

ゆったりとしていて、今まで経験をしたことの無い世界へいざなってくれます。

燃費などの詳細は徐々に拙サイトの方へUPしていく予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2006

Egypt

img_1491_
img_1518_
img_1572_

年末年始の休みを利用して、Paris経由でCairoに4泊で行って来ました。

前回Egyptを訪れたときは、LuxorやAlexsandriaがメインでCairoはピラミッドとエジプト博物館を見ただけだったのですが、今回はCairoだけをゆっくりとしてきました。

前回も感じたのですが、慣れるまでは道路を渡るのに決死の覚悟が必要です。
ところが、阿吽の呼吸があるようで、手のひらの使い方がなんとなくわかり、それほど緊張しなくとも道路を渡れるようになりました。
車もそうですが、人もエジプトでは距離の置き方が非常に近いのに驚きます。
しかし、不思議と肩を触れ合うことすら非常に稀です。

エジプト在住の親友が全て手配してくれたので、堪能できましたが、彼の助けが無かったら、途方に暮れていたかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »