« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

July 31, 2006

シトロエンC5

Img_3231

Img_3233

6月にも登場しましたが、アウディA8と比較をしたく、再度C5の試乗をさせていただきました。
C2VTSの後でしたので、良さが強調されているとは思いますが、ウルトラスムーズな乗り心地に脱帽です。
加速もアイシン製(!)6ATは本当に優秀で、3.0リッターV6エンジンで十分と思わせてくれるスムーズさです。


Img_3234

助手席をかなり下げた状態でも、後席は十分なスペースが確保されていました。
ただ、フットレストの位置がどうも私にはしっくりこないので、C5のセダンは左ハンドルを選べるようですので、日本での日常ユースでは不便な面もありますが、C5を選ぶなら左かな?と思いました。

一番気になっているC6はどうも正期導入は右ハンドルのようで、乗ってみるまではなんとも言えませんが、やはり左があればなぁ~!と残念でなりません。
ハンドル位置を選べるようになんとかして頂きたいものです。

私の友人のフランス人達はどうもイギリス嫌いばかりなので、バイアスがかかってしまっていると思いますが、彼らからすると、イギリスに輸出する車なんかにいちいち構っていられるものか!と思っているのでは?(笑)


誤解なきよう書き添えさせていただきますが、英国車も大好きです。(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

シトロエンC2 VTS

Img_3229

Img_3225_1


どみにこさんで、シトロエンC2のVTSの試乗をさせていただきました。
まだおろしたてであたりがつくには程遠い走行距離でしたが、そこそこトルクもあり、とても乗りやすい車だと思いました。

確かに、足は1.4VTRとは比べ物にならないほど締め上げられていて、ホイルも16インチということもあり、荒れた路面ではやや不快な動きをしていましたが、もう少し距離が伸びれば、足もこなれてくるかな?といった印象でした。


Img_3224

基本的なデザインはさほど、VTRなどと変わりはありませんが、やはり一番の違いは3ペダルということでしょうか?
クラッチは非常に軽く、渋滞でも全く苦にならない重さでしたが、ペダルが数センチ左に寄っていてくれれば.....と思ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2006

AUDI A8

Img_3209

Img_3210

Img_3211

アウディS4でヘッドライトが曇るため、ヘッドライト交換で、アウディ天白さんへ行ってきました。
交換、光軸調製で1時間程度の作業でしたが、その間にA8 4.2 Quattroを試乗させていただきました。


Img_3205

Img_3208

ひょんなことからの試乗でしたが、正直言って後悔しました。(笑)
以前乗ったA8とは別物のような乗り味で、エアサスのセッティングでダイナミックはさほど感動はしませんでしたが、オートやコンフォートには驚かされました。
コツコツ感も全くなくなり、ひらりひらりと軽快な身のこなしで、ボディバランスがいいなぁ~と感心しました。

S8やW12エンジン搭載車も発表されていますが、V8 4.2Lで必要十分と感じました。
S4と比較して、確かにエンジンはマイルドな味付けではありますが、いざというときにはしっかりと働いてくれて、S4とそれほど変わりない車重のA8をぐいぐいと軽快に押し出してくれます。
ちょっとハードはブレーキングをしても、フロントのノーズがダイブすることもなく、何事もなかったようにスゥ~、ピタリと止まってくれます。
家の近所の舗装の荒れた路面で、S4ではものすごく不快な道なのですが、今日のA8はフラットな姿勢を保ち、快適に普通の路面のように走ってくれました。
シトロエンC5の次に乗り心地の快適さに感動しました。

かなり熱い日でしたが、シートクーラー(?)付きのシートからの冷風の効果も抜群で、お尻、背中の熱さを全く感じず、至極快適でした。

ボディサイズが把握しきれないために、やや大きく感じましたが、S4の次として、シトロエンC6の手ごわいライバルが出現しました。


Img_3213

誰を乗せても絶対に苦情が出ないと思うほど、リアシートも広大なスペースが確保されています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 17, 2006

Meganiste 愛知OFF 3rd

Img_3181

7/16(日)はMeganiste Japonの愛知OFF 3rdに参加させていただきました。 20台のメガーヌ系ルノーが終結し、楽しい一日でした。
二次集合場所のトヨタ博物館より合流しました。


Img_3182

Img_3186


足助方面へのツーリングで、鮎や山菜料理を堪能し、まったりとした時間を過ごせました。
食事中、雷雨に見舞われましたが、やはり足助、香嵐渓は涼しいものですした。

Meganistesの方々との歓談も楽しみ、R153が多少混んでいましたがスムーズなツーリングでした。
夕方から予定が急遽入ったので、昼食後に失礼してしまいましたが、メガーヌの車、環境の良さを実感した一日でした。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

July 16, 2006

感動!

Img_3199_1

Img_3200_1

Img_3203_1

クルークさんでDB9にナビ&レーダー探知機の取り付けをして頂いていましたが、本日完了しました。
予想&期待以上の収まりの良さ、クルークさんのセンスの良さに感動しました。

ミラーモニターと言えども、ナビのリモコンのセンサー部やスピーカー部が助手席足元くらいに露出しまうと覚悟していたのですが、綺麗に全く見えない位置に埋め込んでくださいました。
ナビのリモコンの受信は全く犠牲にならず、どんな方向に向けて発信してもしっかり拾ってくれます。

レーダー探知機のGPSアンテナ部は言わずもがな、ナビのビーコン受信部までもが、完全に外部(車外&車内)からは全く見えない場所埋め込まれています。

これだけのセンス&作業で、なおかつ工賃も格安で驚きました。
まるっきり宣伝のようになってしまいますが、本当に久々に笑顔が隠しきれないほど感動しました。

Img_3187

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2006

ナビ装着進行中

Cimg2690

お世話になっているクルークさんで、DB9へもナビを付けていただくことにしました。
モニターはDream Makerハーフビュータイプを使う関係で、カロッツェリアの1つ前のモデルAVIC-H990を使います。

写真はナビ本体を入れ込む予定のトランク前方のスペースです。


Cimg2693

ルノー・メガーヌと同様にユピテルのレーダー探知機、Z007Jiを装着も今回同時に施行していただきます。
メーターナセルのパネル内部にETCアンテナ部を入れ込んでありますが、ここにGPSアンテナなども入れ込む予定です。


車速パルスはメーター裏の配線より信号を取ってくるのは、メーター故障の恐れがあるため、ND-PG1を使用する予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2006

気になる車

自動車雑誌AUTOCARに頻繁に登場し、いつも絶賛されている、フォード フォーカスST.....

Blobserver2

Blobserverfocus

実際はどんなものなのかとても気になります。というよりも期待しています。
メガーヌRSとよく比較されていますが、AUTOCAR誌では、いつもフォーカスSTに軍配が上がっています。
価格もメガーヌよりも低く設定されており、かなり増えてくるのでは?と睨んでいます。


10年以上前に、フランスで借りたレンタカーがモンデオだったのですが、なかなかいい出来で、欧州フォードはかなりお気に入りのメーカーです。

しかし、現行モンデオSTは「あれ?ドイツの某メジャーメーカーの車か?」なんて間違えそうになりました。

Blobserver

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »