« Ferrari F40 | Main | Lamborghini LP640 »

November 17, 2006

Citroen C6 内覧会

Img_3997

11月15日夜にシトロエンC6の内覧会へ行ってきました。
本国デビュー前から大注目していて、昨年の東京モーターショーで釘付けになり、名古屋輸入車ショーでは幸運にもシートに座ることが出来ました。


Img_3994

今回は、3色3台のC6が揃い、もっと身近に触れることが出来ました。

Img_4033

Img_4035

グリ ファルミネーター Meです。
フラッシュの有無によりかなり表情が変わってきます。


Img_4012

Img_4013

ノアール オブシディアン Peです。
微妙にヴァイオレットがかっています。


Img_4016

Img_4014

ブルー モーリシャス Peです。
屋内での照明では一番綺麗に見えました。


Img_3998

Img_4017

内装は2色用意されており、両方とも革で、ワディビス(ベージュ)とミストラル(黒)があります。
カタログによると、グリ ファルミネーター Me(グレー系)、サーブル ド ラングリュヌ Pe(ベージュ系)、ガナッシュ Pe(ワインレッド系)、ノアール オブシディアン PE(やや紫がかった黒)、ベール ノヴァ Pe(グリーン系)にはワディビスが用意され、ブルー モーリシャス Pe(濃紺系)、グリ フェール Me(淡グレー系)にはミストラルが用意されています。


Img_3998_1

Img_4002

日本仕様はカロッツェリアのナビゲーションが装着され、運転席側のエアコンダクトが1つエアコンやラジオの選曲表示用のモニターに置換されています。
エアコンはエアソフトデフュージョンシステムというエアコンダクトから直接風をあてることなく、空気のブランケットで乗員を包み込むようなシステムのようで、噴出し口が1つなくても問題はなさそうです。


Img_4024

昔のランチア・テーマ3.2のようなタイプのリアスポイラーが速度によってせり上がってきます。


Img_4028

Img_4032

デザイン重視のためか、トランク容量はそれほど大きくありませんが、リアシートが分割可倒式になっています。
シートクッションも外すタイプのようで、使い勝手は今ひとつかもしれません。
オプションの左右独立リアスライドシート、助手席スライドコントロール機能、後席シートヒーターなどが装備されるラウンジパッケージを装着するとリアシートは倒れなくなるようです。


Img_4041

シトロエンのみならず他のフランス車同様、残念ながらブレーキのマスターシリンダーは本国仕様のままです。


飛ばす車ではないので、ブレーキのタッチはあまり関係ないのかもしれませんし、ラウンジパッケージを装着すると助手席のスライドがリアシートからコントロール可能になる機能を使うとなると右ハンドルが生きてくるのだと思います。

レーンから外れるとシートのサイドサポートのバイブレーションで警告を発する機能はカタログには書かれていないので、日本仕様では装着されていないようです。

|

« Ferrari F40 | Main | Lamborghini LP640 »

Comments

乗り味もかなりいいようです。
私も早く運転してみたいものです。

内装はもう少し遊んで欲しかったような気もします.....

Posted by: CAMUS | November 21, 2006 01:56 PM

シトロエンっぽくない内装ですね。

一度は乗って見たい。。。

BXの中古をその昔本気で購入しようとしましたが
ハイドロが壊れていて諦めました。
う~ん乗って見たいィ!

Posted by: ロク | November 17, 2006 04:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Citroen C6 内覧会:

« Ferrari F40 | Main | Lamborghini LP640 »