« AUTOGLYM vs. POLYLACK | Main | ルノー コミットメント2009 ラグーナ編 »

April 26, 2007

Renault Kangoo

Img_4884

結構お気に入りではあったのですが、実は初めて乗ったルノー・カングーです。
実用車でありながら、飽きの来なさそうな、愛嬌たっぷりの車です。

Img_4883

こうやって写真を撮ると、先代Clio(日本名:Kutecia)の香りがします。


Img_4885

サイドビューはなかなかお洒落な雰囲気です。


Img_4881

シンプルで視認性の良いメーターですが、もう少し茶目っ気の欲しいような気もします。
ハンドルはチルト機構が無く、やや上方が遠くなる(バスやトラックのようなスタイル)ような、伝統的なルノーのスタイルです。


Img_4882

Img_4886

Img_4888

カングーといえば、やはり収納能力の高さが思い浮かびます。
グローブボックスは蓋の無い構造になっています。
観音開きのリアゲートはかなり使い勝手がよさそうで、風が強い日でもばたつかないよう全開時にはしっかりとロックされます。
車内上方には飛行機のシート上の収納のようなカバー付きの収納スペース、前席前上にもかなりの収納スペースが確保されています。


エアコンもメガーヌよりもしっかり効き、コンパクトなボディに似合わず広々とした快適な室内空間です。

走りの方は、ゆったりとした乗り心地で、ふんわりとしたフランス車らしいシートがやさしく身体を包み込んでくれるようなタイプです。
バックレストの角度がもう少し細かく調整できれば言うこと無しなのですが、やや調整が粗いような気がします。

エンジンは若干苦しそうなノイズが大きく、ちょっと古臭いATとあいまってレトロチックな香りがします。(笑)
ブレーキも右ハンドル仕様でやはりリンケージが張り巡らされているためか、独特のやや頼りなげなタッチですが、制動力そのものは安心できるレベルでした。

車から「ゆっくり走ればぁ~♪」と言われているような感じで、ゆったりとした気持ちでのんびりと運転ができそうな雰囲気です。

他のどの車にも似ていない個性が光っている魅力的な車だと思いました。

|

« AUTOGLYM vs. POLYLACK | Main | ルノー コミットメント2009 ラグーナ編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Renault Kangoo:

» バイク旅行 [バイク旅行]
バイク旅行は風を切って走るのだから気持ちがいいです。バイク旅行は小回りが利くのでいいのですが、安全運転に気をつけて。 [Read More]

Tracked on April 26, 2007 04:20 PM

« AUTOGLYM vs. POLYLACK | Main | ルノー コミットメント2009 ラグーナ編 »