« Range Rover Sport | Main | GT-R 1,000km »

May 17, 2008

Jaguar XF

Img_6810

ランドローバー・フリーランダー2の点検に出しに行った際に、併設のジャガー一宮さんで、話題のジャガーXFに実車を初めてみる機会に恵まれました。


 
Img_6816

以前アストンマーティンに在籍しDB7、ヴァンキッシュなどをてがけたイアン・キャラム氏の作品で、やはり彼らしディテールの処理が随所にちりばめられています。

たとえば、フロントバンパー下部のエアーイントレットのメタル調のアクセントは微妙に太さに抑揚が付けられています。
Cピラーの処理などは、DB7などに通じるものがありますね。


Img_6811

Img_6838

しかし、新型ジャガーXFでなんと言っても目を引くのはインテリアです。
アストンマーティンDB9のAT仕様のように、室内からシフトレバーが姿を消しています。
すっきりとしたモダンな仕上がりで、飽きを感じさせないのではないでしょうか?
仕上げのクオリティーもなかなかよく出来ていました。


Img_6841

Img_6842

エアコンのルーバーの処理も斬新です。
これは今後他の車も真似てくるのではないでしょうか?


ランドローバーと共にインドのタタ・モーターズに売却されてしまいましたが、今までもフォードでしたし、インドはやはり英国の伝統が残っている国でもあるので、ジャガーやランドローバーらしさを残しつつ素晴らしい車を出し続けてもらいたいものです。
ローバーのような道は歩んで欲しくないものです。

|

« Range Rover Sport | Main | GT-R 1,000km »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Jaguar XF:

« Range Rover Sport | Main | GT-R 1,000km »